囲碁ブログ


囲碁日記、経営と囲碁、子供と囲碁、有名人と囲碁等
by eiji_harada
カテゴリ
全体
囲碁日記
子供と囲碁
経営と囲碁
囲碁と有名人
未分類
お気に入りブログ
以前の記事

カテゴリ:囲碁日記( 129 )

囲碁上達法「部屋制度」

僕の通う囲碁サークルDISに、新たに部屋制度が導入された。
相撲部屋とかの、あの部屋制度だ。

現在、4つの部屋があり、親方がいる。
親方のもと、所属力士(り棋士?)がいるイメージ。
親方の棋力は、必ずしも上位ではない。

僕は、唯一の女性親方の部屋に所属している。
今日から、「おやかたー」と呼ぶことにしよう。
なぜか高見山(古いね)のような、ハスキーな声を想像する。

さて、この部屋制度、いろいろな可能性がある。
部屋別対抗戦など、いろいろとイベントが可能。
ペア碁、トリプル碁なども楽しいだろう。

なによりも入門から初級にいたるプロセスを、
所属部屋の連帯感で乗り切れれば、囲碁の楽しみを
早く知ることができるだろう。

楽しみが増えた。
[PR]
by eiji_harada | 2005-02-02 17:57 | 囲碁日記

「囲碁ブログ」見た!で、ドリンクサービスな碁会所

な、なんと、この「囲碁ブログ」を見た!と言えば、
ドリンク一杯サービスな碁会所が出現。

すごーい。
但し、ビジターの方のみ。会員はダメよ。あたりまえか。
ってことは、僕にはサービスないのか???

「囲碁ブログ」見たビジターが来たら、僕にも・・・

さあ、喉が渇いた囲碁好きは、ここへ走れ。

 ダイヤモンド囲碁サロン 

稲葉禄子さんがサロンマネジャーの囲碁サロンだ。
そういえば、NHK講座の押田華奈ちゃんもインストラクターしてたな。
美人率高いね。
[PR]
by eiji_harada | 2005-01-27 18:18 | 囲碁日記

オセロ9路盤

最近、オセロ盤を購入して、オフィスに置いてあります。
だいたいの社員がオセロは、できます。
オセロ対局のあと、オセロの駒とオセロの盤で囲碁入門。
オセロ盤は9路盤だったんですね。
緑色のボードでやる囲碁は、なかなかおしゃれなゲームに映る。
[PR]
by eiji_harada | 2005-01-26 15:15 | 囲碁日記

本日は囲碁デー

今日は水曜日だから、個人的には囲碁の日。
早く仕事を切り上げて、DISに行こうっと。
19時過ぎには、行きたいな。

20代から40代の囲碁サークルDISは、
半蔵門のダイヤモンド囲碁サロンで、
だいたい午後6時過ぎくらいから、チラホラと参集して、
兼飲み会組は、深夜までやってます。

「囲碁ブログ見てきました~」と言うと特典あるかな?
[PR]
by eiji_harada | 2005-01-26 13:05 | 囲碁日記

TVの力

日曜日は、航(こう)の囲碁教室の日。現在、航は17級。
ここは、日本棋院の河野貴至7段が指導してくれる。
若手ですが、温厚で粘り強い性格で、子供たちからも、
保護者からも人気を集めています。

この日、テレビ東京で朝5:45から放送される囲碁番組に
河野プロが登場。子供たちの期待もむなしく、第1週目で投了。

「先生、負けた」
「先生、投了」

子供たちの厳しい言葉も、実はみんな早起きしてみていたよう。

先生、次回はがんばってくださいね。
TVの力は絶大ですから。
[PR]
by eiji_harada | 2005-01-24 13:38 | 囲碁日記

20代から40代のための囲碁入門イベント

コミュニケーション力は、お互いを理解しあうのに必要なスキルです。
私たちは多くのコミュニケーションを言語に頼っていると思います。

以前に、僕は「Dialog in the dark」という、視覚障害者に先導してもらい
コースを一周する暗闇体験をしたことがあります。
普段視覚からの情報に頼っていますが、暗闇の中でだんだんと
足裏や聴覚が敏感になっていくのを体感しました。
また、なによりもはじめて会った同士が、暗闇にはいって、
2,3分もすると手に手をとって、助け合い、会話がはじまっていました。

これとは違うかもしれませんが、中国のシルクロードを自転車で
旅行するツアーに参加したとき、日本語をまるでわからない中国の方と
星空の下で2時間くらい囲碁を打っていたことがあります。
一言もしゃべりませんでしたが、とても楽しい時間でした。
旅行中、その後なんども目と目が合うと、囲碁対局しました。

囲碁は「手談(シュダン)」という別称があるくらい、コミュニケーションの
道具になるゲームです。外国人と日本人、はじめて会った人同士、
言語に頼らずに、一つの盤上で会話を楽しめます。

囲碁という新しいコミュニケーション体験をしてみませんか?
はじめての人でも、経験者とペアを組んで、最初から対局できたり、
面白いイベントがあります。僕も参加予定です。

日時:2月16日(水)19:00~
会場:ダイヤモンド囲碁サロン 最寄:地下鉄半蔵門駅
内容:①グロービス代表の堀義人さんの講演(30分)
      ・「仲間と囲碁」コミュニケーションのツールとしての囲碁
    ②ペア碁(参加者には分かりにくいので、”テニスのミックスダブルス
      みたいな囲碁”と紹介する予定)
    ③懇親会
参加費:懇親会費込み3,000円
[PR]
by eiji_harada | 2005-01-21 15:17 | 囲碁日記

冬の温泉で囲碁三昧

冬こそ行きたい、おすすめ温泉!

DISでは、ときどき温泉囲碁合宿があります。
昨年の温泉合宿に参加されたYさんのレポート。

囲碁:「箱根富士屋ホテル」の会議室を昼間借りて、囲碁対局。昼食は、昭和天皇
陛下もご賞味されたという、同ホテルのカレー。9路盤男女ペア碁が8組できるとい
う大盛況。ハンデが旨く効いて、各対局とも大白熱、ガチンコ勝負になりました。
結果は、米田-熊坂ペアが、本命の松井-松村ペアを準決勝で下した勢いを駆って
そのまま優勝。
宿泊:田中さんのご紹介で、箱根の小涌谷に在る、某社保養施設(綺麗で立派、ご
飯も温泉もGOOD)を利用させていただきました。カラオケあり、麻雀あり、さらには
DIS得意の酒酒酒、それに囲碁も山ほどと、午前3時くらいまでおお盛り上がりであ
りました。

外を出歩くのが億劫なくらい寒い冬の日に、雪見をしながら温泉で囲碁。
じーさんじゃなくても、楽しいものです。
[PR]
by eiji_harada | 2005-01-19 16:08 | 囲碁日記

DISの囲碁ブログ

僕が通うDISの囲碁ブログ「囲碁ってなんだろう」がオープンした。

DIS囲碁ブログの初投稿で書いてあるとおり、
DISには多趣味、多芸なひとが多い。
僕にとっても囲碁は趣味の1つにすぎない。

そういえば、『考具』の著者・加藤昌治さんから、
「アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ」と教わった。
まったく新しいアイデアというのは非常に少なく、
ほとんどの新しいなにかは、既存の要素の新しい組み合わせにより
生まれてくるというのだ。言われてみれば本当だ。

新しい囲碁の可能性を模索してみたい。
自分のほかの趣味と囲碁を組み合わせてみては、どうだろう?
原田家では、アウトドアキャンプには、マグネット碁盤をもっていく。
囲碁のインドアという固定観念を捨てると、気持ちよい碁が打てる。
星空と炎と囲碁(あとお酒)の相性は、きわめてよい。

みなさんも、他の趣味と囲碁を組み合わせて、
自分らしい囲碁スタイルを試してみては?
[PR]
by eiji_harada | 2005-01-18 13:07 | 囲碁日記

親子ペア碁

数年前に妻が我が家の斜め向かいにある
金山家に遊びにいったときに、囲碁の本を発見。
「もしかして、囲碁やるの~?」
「そうなのよ~(やや困り顔で)」

妻同士の会話から、原田家VS金山家の対戦は、
スキー旅行、アウトドアキャンプなどの度に続いている。
家のこんな近所に、同年代の同等の棋力の人がいるなんて、
すごいラッキー。

先週の土曜日は、その金山家と食事会。
この正月からマイブームの蕎麦打ちをして、おもてなし。
そして対戦。まずは親子ペア碁。
原田家(僕+息子の航7歳)VS金山家(なみパパ+なみちゃん8歳)。
結果は、19路盤だったためか、両家子供の集中力切れにて、打ちかけ引分け。
ご主人様対決の、本年1回戦は、僕の勝利(祝)。

次は、妻もいれてトリプル碁に挑戦だ。

20代-40代の囲碁サークル DIS会員
原田英治
[PR]
by eiji_harada | 2005-01-17 15:00 | 囲碁日記


検索
ライフログ
最新のトラックバック
2008年度(平成20年..
from 囲碁ブログ
埼玉県の子供囲碁大会
from 囲碁ブログ
全国大会出場
from るーぱんだーじゃんけん
元祖「韓流」、アン・ジェ..
from 韓国芸能ニュース
囲碁
from コトバの向こうには
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧