囲碁ブログ


囲碁日記、経営と囲碁、子供と囲碁、有名人と囲碁等
by eiji_harada
カテゴリ
全体
囲碁日記
子供と囲碁
経営と囲碁
囲碁と有名人
未分類
お気に入りブログ
以前の記事

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

消えゆく?!週刊「碁」

毎週月曜日は、週刊「碁」の発売日ですね。
駅のkioskで買おうと思ったら、あらっない?

どうも、埼玉地域のJR京浜東北線kioskでは
販売対象からはずれたようだ。

JR赤羽駅で、ようやく1部が将棋新聞の陰に隠れて
まるくなっているところを発見し、購入。

4月2日発売号は記念すべき1500号とのこと。
しかし、買うのに苦労しては、お祝い申し上げづらいです。
営業の方、がんばれー
[PR]
by eiji_harada | 2007-03-26 12:15 | 囲碁日記

囲碁上手は仕事名人?

日経ビジネスオンラインの取材を受けました。

「囲碁上手は仕事名人」というシリーズの第2回目とのこと。光栄です。

囲碁・将棋チャネルでキャスターも努めるライターの佐野真さんに
取材いただき、楽しい時間でした。

日にちを改めて、囲碁対局の取材。
今回指導役をしてもらったのが、かの稲葉禄子さん。
なんで~、稲葉さんなの~、(ぶ~←は、内緒)
稲葉禄子さんは、元(←いつ頃の話だ?)日本棋院院生で、アマ強豪。
初めての対戦なのですが、なにせ周囲から聞く噂は、まさに強豪。「強手、剛腕」

せっかくの日経BPさんの企画「囲碁上手は仕事名人」の囲碁上手の部分を
稲葉さん理解しているかな~?取材対象は僕ですからね。
理解しているかな~?心配だな。

さて、心配の結果は、4月頃に日経ビジネスオンラインで公開されることになりそうです。
その他に、和田中学校校長の藤原和博さん、僕のビジネスパートナーの和田文夫さん
が取材協力してくれました。

彼らが僕のことをなんと語っているのかは、もちろん僕も知りません。
楽しみ、いや、ちょっと恐いか。
[PR]
by eiji_harada | 2007-03-23 12:21 | 経営と囲碁

朝日アマ名人戦 埼玉県<大宮会場>

3月11日、朝日アマ名人戦埼玉県での予選がスタートしました。
会場は、大宮、川越、熊谷の3会場。

この大会前に、囲碁ブログで書きましたが、
大宮会場は分煙方針を示さなかったため、埼玉県のジュニア選手の多くは
遠隔地の川越、熊谷での出場を選択していました。

囲碁ブログを通じて、本件の善処をお願いしたところ、
朝日新聞の方が動いてくれて、日本棋院普及部、朝日新聞さいたま総支局長に
善処を依頼してくれたわけです。

さて、その結末は。

朝は雨模様で、少し億劫でしたが、「言い出しっぺ」ですから取材を兼ねて出場のため、
家を出る。

会場にたどり着くのに一苦労。
c0033384_1332662.jpg

c0033384_1333970.jpg


日曜日の午前中、昨夜の喧噪の余韻残る?
大宮駅周辺の歓楽街の裏手。
「大人の遊艶地」の看板をかかげたビルを
曲がったところに、大会会場となる大宮囲碁センターはある。

雑居ビルの外付けの階段を上っていった3Fが囲碁サロン。
中にはいると、大会運営をしている、たぶんこの囲碁サロンの方達の
気持ちのいい挨拶に迎えられる。

結論を言えば、今回は分煙は実現されていなかった。
しかし、対局中にモクモクというわけではなく、
また運営者も目一杯に換気扇などをまわし、会場は冷え冷えするほど。
なので、タバコ臭くて、かなわない、というほどでもなかった。

埼玉県の日本棋院支部連合会会長の貴堂さんより、
「(分煙化について)来年から」という、個人的な回答も得たので、
今後の展開を期待したい。

僕の印象。

大宮囲碁センターは、埼玉県囲碁の歴史の上で、伝統的な会場であり、
役割を担ってきたのかもしれないと思った。また運営されていた方々は、
とても気持ちのいい方々であった。なので、今回、この会場で開催された
ことに気分を害することはまったくなかった。

しかしながら、今後の埼玉県の囲碁界の普及、発展を願うとすれば、
ジュニア選手の参加しやすい環境を整えるべきという理想はある。

今回は、高校生らしき参加者が3名ほどいるだけで、小中学生は大宮会場には
いなかった。大宮の歓楽街にある点も、児童を連れて行くのに適した場所とは
思わない。来年からは、是非、さいたま市内の別会場も設けてほしい。
この会場が残るとしても、僕はそれは否定しない。

大宮囲碁センターや運営の方々に感謝を表明し、
来年の大会を楽しみにします。

ちなみに、僕は1回戦敗退。惜しい碁だったけどね(って、負け惜しみだね)
[PR]
by eiji_harada | 2007-03-12 13:18 | 囲碁日記

梅澤由香里 女流棋聖

梅澤由香里新女流棋聖の就位式に、
ちょっと会社を抜け出し行ってきました。
王唯任4段にお誘いをうけたので便乗してみました。

人気の梅澤由香里さんらしく、たくさんの来場があり盛大でした。

c0033384_1342164.jpg


ゆかり先生が登壇すると、おじさま達がうようよっと集まる光景は
囲碁界の秋葉原を彷彿させる、意味わかりませんね。

乾杯の準備で飲み物を探していると、
ビールをついでくれる心優しき男性。よく見ると、俳優の辰巳琢郎さんでした。
知らない僕にビールついじゃうくらい、気さくなところがいいですね。

由香里先生のご主人も同席されて、Jリーガー仲間も駆けつけ、
体格の違うエリアが・・・対抗していたのは、依田紀基プロくらいでしょうか。
依田先生、本当に大きい。囲碁界というより、着物姿は角界。

あと出版界からは、なんて知人が少ないのですが、
サンクチュアリ出版の鶴巻社長を発見。
もともとは、旦那さんのほうとの知り合いだそうで、
現在は自称ゆかり先生の一番弟子らしい。

「へーっ、鶴巻さん、囲碁やるんだ」
「一年に一回くらい?!」

ゆかり先生も弟子には苦労しているようです?!
[PR]
by eiji_harada | 2007-03-08 13:12 | 囲碁日記


検索
ライフログ
最新のトラックバック
2008年度(平成20年..
from 囲碁ブログ
埼玉県の子供囲碁大会
from 囲碁ブログ
全国大会出場
from るーぱんだーじゃんけん
元祖「韓流」、アン・ジェ..
from 韓国芸能ニュース
囲碁
from コトバの向こうには
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧