囲碁ブログ


囲碁日記、経営と囲碁、子供と囲碁、有名人と囲碁等
by eiji_harada
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事

カテゴリ:囲碁日記( 129 )

ユン・チュンホさんプロ試験合格

囲碁アマ名人を2度獲得しているユン・チュンホさんが関西棋院の試験碁に合格し、
関西棋院のプロ棋士に採用された。

http://www.asahi.com/igo/news/TKY201005140521.html

土曜日に電話で祝福。
本当にわずかなお金をポケットにつめて裸一貫で東京へ、という来日から数年たったが、
いま、プロ棋士への夢がかなった。国を離れ、慣れない外国での苦難を乗り越えての目標達成は、
努力は夢に近づく地道だが確実な方法であることを証明してみせた。

プロでの活躍を心より期待している。
by eiji_harada | 2010-05-17 15:10 | 囲碁日記

囲碁の日

朝、車に置き忘れていたDVDを取りに行き、
エンジンをかけると、
カーナビが「今日は1月5日。囲碁の日です」と言う。

ということで、マイクロファイナンスファンドで話題の
Living in Peace代表の慎テジュンさんを誘って
ダイヤモンド囲碁サロンへ。

グロービス代表の堀義人さんが来ていて、新年のご挨拶と
お正月2日にNHKで放送された堀さんの息子さんたちの囲碁番組の
話題で盛り上がる。

LIP慎さんと対局。慎さんは子供のころに9年間、
緑星学園に通ったつわもの。
しかしここ数年碁石をにぎっていないという間隙を突き、
初対局を勝利させていただきました。ああ、うれしい。
by eiji_harada | 2010-01-06 12:00 | 囲碁日記

囲碁twitter

twitter始めるとブログ更新しなくなるかも。

とりあえずtwitterアカウント作って、ポチポチ始めてみました。
http://twitter.com/eijiharada

囲碁のことは実はあんまりつぶやいてないけど、
先日取材協力した雑誌『財界』の掲載誌を頂戴したので、
それをつぶやいてみた。
by eiji_harada | 2009-11-27 17:34 | 囲碁日記

お台場オトナPARK碁番街

お台場のフジテレビでイベントやってるみたいですね。
稲葉禄子さんからお誘いされたけど、週末時間があいたら行こうかな。

http://www.nihonkiin.or.jp/news/2009/11/park112023.html
by eiji_harada | 2009-11-20 19:43 | 囲碁日記

2009年11月の院生序列

2009年11月の院生序列が更新されました。
10月から院生入りした小学生名人の津田くんも
まずは幸先よいスタートをきりましたね。

http://www.nihonkiin.or.jp/player/insei/inseijoretu_200911.htm
by eiji_harada | 2009-11-20 19:39 | 囲碁日記

雑誌「財界」にエキストラ出演

雑誌『財界』のグロービスの堀義人代表が取材依頼を受けた。
内容が経営者自身の趣味や志にかかわるお仲間ということで、
囲碁普及にも積極的な堀さんが「囲碁」を選択し、僕らがお仲間として
写真撮影に加わった。

お仲間グループとして呼んでいただいたのが、

 囲碁棋士 梅沢由香里さん 
 東京大学工学系研究科 工学博士 片山浩之さん
 株式会社ドワンゴ代表取締役会長 川上量生さん
 株式会社ぐるなび取締役会長 滝久雄さん
 俳優 辰巳琢郎さん
 そして僕。豪華メンバーのなかにお呼びいただき光栄なことです。

写真撮影のために集まる必要があったようですが、
まあただの囲碁懇親会になっていました。

僕は、1局目はぐるなび会長の滝さんに2子で教えていただきました。
ぐるなび創業者ですが、実はパンダネット創設者でもあったのですね。
囲碁界への貢献度は大ですね。東工大囲碁部OBとのことでパンダネット8段。
強いです。

2局目は、東大の片山先生に3子で教わりました。週刊碁などで片山さんの学生時代からの活躍は
よく目にしていたので、トップアマに教えてもらえるただの囲碁ファンになってしまいました。

僕らの碁を傍でみていた由香里先生が、「黒にもチャンスあったのに」と捨て台詞?で
退出され、「過去系ですね」と応答した1分後に投了いたしました。タイゼム9段は超強かったです。

「財界」2009年11月号に掲載予定とのこと。楽しみです。
by eiji_harada | 2009-10-21 15:33 | 囲碁日記

フリーペーパー「碁的」vol.2

フリーペーパー 「碁的」のvol.2をいただきました。
王唯任プロが送ってくれました。

三谷哲也5段、林漢傑6段のお二人がスタイリストさんいれてモデルに挑戦してたり、
梅沢由香里先生がそばっ喰いだったり、万波佳奈先生がかわいいお嫁さん風だったり、
またレイアウトもプロのお仕事で、しっかり合格点の雑誌に仕上がってます。

皆さんも、どこかで入手してみてください。
オススメです。
by eiji_harada | 2009-10-09 16:40 | 囲碁日記

囲碁ソフトにプロ棋士が負ける日

産経ニュースに「囲碁ソフト、あと10年で人間を破る?」を見つけたので、
ご興味ある方は↓

http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/091005/sty0910051320007-n1.htm

第15回コンピュータ・オリンピアードが来秋日本で開催されることが決定し、
囲碁ソフトの可能性について北陸先端大学の飯田弘之教授があと10年前後と
コメントしています。
by eiji_harada | 2009-10-06 14:20 | 囲碁日記

世界アマ埼玉予選

第31回世界アマチュア囲碁選手権の代表選出を争う、世界アマの埼玉予選に
参加してきました。妻が応募してくれた。妻の協力(許可?)なくして、週末は外出できません。

すでに世界アマは30回の歴史があるのですね。そういえば、子供のころに始まった記憶が
たしかにある。当時まだ世界の参加者は低段~級位者も多く、親善対局に僕ら子供にお声が
かかった記憶があります。僕は親善対局は参加しませんでしたが。

大会の歴史(記録)↓
http://www.nihonkiin.or.jp/amakisen/worldama/30/history.html

今年の埼玉予選には、102名の申込があったそうです。
お盆時期でもあり、実際の参加者は89名だったかな。
それに途中からシードの過去2年以内のベスト8が4名、歴代優勝者が3名参加され、
総勢96名が参加したと思います。

方式は、1組4名に分かれて予選2局を行います。2勝者は勝ち抜け、1勝1敗は抽選で、
まず合計46名に絞られます。そこにシードのベスト8経験者が4名加わり・・・という仕組みでした。

僕は予選1局目は、小学生と対局。持ち時間各1時間でしたが、自分も早いですが子供ペースで
加速し、対局時間は4,50分でした。混戦でしたが、黒番13目半勝ち。
予選2局目は、緑色のポロシャツのお兄さん。高校生から大学生くらいかなと思っていたら、
今年の全国高校囲碁選手権埼玉代表だった福島常くんでした。
常くんと言えば、坊主頭が印象的だったので、毛が伸びてわかりませんでした。
(あと青山雄大くんも背が伸びて、わかりませんでした)

少年棋士も高校に入ると、がらっと雰囲気変わるので、本当にわからないです。
でも彼らの存在感が囲碁大会を、お爺さんの集まりから競技に変化させているように感じます。
棋力はほどほどでも、こういう大会を競技会の雰囲気にもっていくためには、
ある一定の年代に偏らず、各年代層からの参加者が増えることが囲碁のイメージアップ、
そして普及にもつながるように思います。

さて私の結果は、なんと元院生の常くんに黒番半目負け。
負けにもかかわらず、多くの方から「常くんに半目なんて強いですね」と褒められ、
妙な展開で評判があがった一日でした。そのあとの抽選は、はずれ。

常くん、勝負形にしてくれて、ありがとう。
by eiji_harada | 2009-08-19 17:43 | 囲碁日記

スカイライト囲碁部 万波佳奈プロの入門ワークショップ

スカイライトコンサルティング囲碁部で囲碁入門ワークショップが開かれました。
講師は、万波佳奈プロ。
20代から40代向けの囲碁普及団体IGOAMIGOの代表でもあることから
この年代への普及には万波プロにお願いするしかない。
お忙しい中、快く引き受けていただきました。本当に無理言ってごめんなさい。

でもその成果ありで、スカイライト囲碁部、人気急上昇中!!と思われます。

c0033384_1819575.jpg


今回入門した8人が19路盤で対局できるようになったら、
また指導よろしくお願いします。
by eiji_harada | 2009-08-07 18:21 | 囲碁日記


検索
ライフログ
最新のトラックバック
2008年度(平成20年..
from 囲碁ブログ
埼玉県の子供囲碁大会
from 囲碁ブログ
全国大会出場
from るーぱんだーじゃんけん
元祖「韓流」、アン・ジェ..
from 韓国芸能ニュース
囲碁
from コトバの向こうには
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧